根尾谷地震断層観察館に行ったら濃尾地震のことが勉強できました!

根尾谷地震断層観察館のあらまし

平成27年(西暦2015年)9月14日に、根尾谷地震断層観察館に行ってきた。

IMG_0704

 

ここは、明治24年(西暦1891年)の濃尾地震によりできた根尾谷断層を保存し、展示することを目的に平成4年(西暦1992年)3月にオープンした場所である。断層のズレを直接観察できる世界で初めての施設なのだそうである。調べてみると、本巣市根尾谷地震断層観察館条例に基づいて作られているようである。

スポンサーリンク

 (設置)

第1条 根尾谷断層の保存と活用を通して地震等の災害に対する認識を深めるとともに歴史的遺産を後世に伝承するため、根尾谷地震断層観察館(以下「観察館」という。)を設置する。

さて、観察館の外には下の写真のような案内板がある。

IMG_0705

 

施設の中を断層が通っていることが一目で分かる。

ところで、どれぐらい大きな地震だったのだろうか?

濃尾地震は、明治24年(西暦1891年)10月28日6時38分50秒に発生した。震源は、岐阜県本巣郡西根尾村(現・本巣市)、北緯35度35分、東経136度20分付近。マグニチュード8.0と推定されている。この地震で、根尾谷断層帯、梅原断層帯、温見断層北西部が活動をした。地震は九州地方、東北地方まで観測されたそうである。死者は7273人にも及び、負傷者17175名、全壊家屋は14万2177戸を数えた。震央近くでは、揺れにより山の木が全て崩れ落ち、はげ山になったなどと伝えられる。また岐阜市と周辺では火災が発生し被害を大きくした。岐阜の壊滅を伝える新聞記者の第一報は、「ギフナクナル(岐阜、無くなる)」だったそうである。明治時代最大の地震であったそうだ。

その地震の跡がここでは見られるのである。

根尾谷地震断層観察館の中の様子

では中に入ることにしよう。

入口を入ったところには大きな地球儀があり、世界の海にあるプレートが解説されている。次第に濃尾地震についての解説に入り、模型で濃尾地震によりどのぐらい地盤が動いたのかを動きを交えながら解説されていた。

ここには地震体験館というところがあり、3Dシアターで地震を体験することができる。社会見学で森に迷い込んだ小学生が濃尾地震を体験する話で、地震の揺れも怖かったが、話も何か怪談話のような感じで、二重に怖かった。

3Dシアターを見た後、断層トレンチを見に行く。

IMG_0707

IMG_0713

IMG_0708

地震により、6mほど地面が隆起した。土が黒い部分が写真の左と右とで高さが違うことが一目瞭然である。

IMG_0711

 

断層を逆から見た写真が上の写真である。3Dで体験した後にこれを見たので、濃尾地震の地震の規模の大きさにただただ唖然とするしかなかった。

根尾谷地震断層観察館の近辺を散策すると…

展示を見た後、近くを散策した。

BlogPaint
赤線記した部分が断層である。

IMG_0717
断層の高さがよく分かる

近くには高台から断層を見ることもできる。

IMG_0736
坂になっている部分が断層である。
右の建物が根尾谷地震断層観察館であり、
左上に向かって断層がある。

IMG_0734
上の場所と同じ場所で撮影された濃尾地震直後の写真

IMG_0737

最後に、交通について。基本は車がベターだと思うが、最寄駅もある。大垣駅から出ている樽井鉄道の駅がある。

IMG_0725

IMG_0731

水鳥駅という駅で、1時間に1本あればよいという程度の運行状況である。岐阜県の西濃地域の中心である大垣駅からは1時間と少しかかるぐらいである。鉄道に興味のある方であれば、これに乗ってゆっくりと電車旅を楽しむのもよいと思う。

岐阜県内を震源地とした歴史に残る大きな地震の爪痕を見たが、その大きさと破壊力に自然の脅威を感じざるを得なかった。日本各地に頻発する地震だが、これを防ぐことはできないまでも、防災の意識はやはり大切だなということを痛感した。

スポンサーリンク


ここで、根尾谷地震断層観察館の旅行記は終了したい。

スペイン法入門講義

加代昌広研究所は、日本の制度に多く言及しながらスペイン法の基本を日本語で学べる稀有なコンテンツ「スペイン法入門講座」を提供しています。

このようなことが分かります!

  • 日本の天皇の皇位継承とスペインの国王の王位継承とはどのように違うか?

  • 日本とスペインの首班指名のプロセスにはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 日本とスペインとで憲法に違反した法令や条約の審査の方法にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 日本とスペインとで地方自治制度にはどのような違いがあるのでしょうか?


ぜひ一度ご覧ください。