スポンサーリンク

「楽」という字から見えてくる異なる2つの意味

スポンサーリンク

「楽」という漢字から、ボクたちは2つの意味を見出すことができます。

  1. 楽(らく)をすること
  2. 充実していること

「楽」という字の意味を、1.でとらえるか2.でとらえるかによって、人生の意味合いが大きく変わります。

<スポンサーリンク>

楽(らく)をすること

楽(らく)をすると、ロクなことがありません。

  • 楽をする=トラブルから目を背ける→解決能力が落ちる→楽ではなくなる→楽しくない
  • 楽をする=責任を取らない→信用がなくなる→生き辛くなる→楽しくない
  • 楽をする=責任を取らない→仕事や勉強を適当にやりすごしたりやらされたりすると思う→楽しくない
  • 楽をする=チャレンジしない→能力が下がる→楽ではなくなる→楽しくない

つまり、「楽(らく)」をすると、人生が楽しくなくなるのです。

充実していること

人生を充実させるためには何をすればよいのかというと、前節と逆のことをやればよいわけです。

  • 充実させる→トラブルから逃げない→解決能力が上がる→楽になる→人生が充実する
  • 楽をする=責任を取る→信用があがる→人から頼られる→人生が充実する
  • 楽をする=責任を取る→仕事や勉強に積極的に取り組む→能力が上がる→人生が充実する
  • 楽をする=チャレンジする→能力が上がる→楽することができる→余剰力をいろいろ使えるようになる→人生が充実する

おわりに

ボクたちはどちらの「楽」を選べばよいでしょうか。

人生をいつでも充実させることはなかなか難しいでしょうが、「充実させる」方向に人生の舵を切っていきたいものですね。

今日の全力が出せるよう、張り切って頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました