筑紫哲也講演「スローライフのすすめ」を聴いて



Produced & Written by Kashiroman


2003年5月11日(日)に行なわれた「スローライフルネッサンスぎふ」という、「スローライフ」について考えるプロジェクトが岐阜市で立ち上がり、その一環として、TBS系「ニュース23」のアンカーマンとしても有名な筑紫哲也氏が「スローライフのすすめ」と題する講演会が催されるということを新聞記事で知り、応募して聴きに行った。場所は岐阜市文化センター内のもっとも大きなフロアの催し広場というところである。定員は700名であるとパンフレットには書いてあったが、実際にはもう少しいたような気もする。

「スローライフ」とは、会場で配布されたパンフレットによると、「北イタリアの小さな町に始まったスローフード運動に端を発し、今日では社会システムをも見直すまでにいたり、スローライフ運動へと拡がりを見せて」いるものであるらしい。 要するに、スピードや効率・成果ばかりを重視するあわただしい生活や働き方・経済のあり方を見直そうという考えを実践するものなのだそうだ。

開演したのは定刻の午後1時30分を少々回ってからであった。筑紫さんが登場された時に、隣に座っていたミーハーな老夫婦が「あっ、テレビの人だ!!」って言っていたが、ぼくも心の中ではそう思っていた(笑)。要するにぼくもご多分にもれずミーハーなのである。

しかし前回の小柴先生のノーベル賞の話の時とは違って、予習はしていないものの、多少の興味は持っていた。近年、特に「グローバリズム」というアメリカ的な考え方が広まっていき、一人一人が「自由」に生きる権利を有して価値観の多様性を認めることが前提の「民主主義」の考え方が、あまりにも効率性やスピード性が重視されることによって潰されているという現状があるのではないかとぼくは感じていたからだ。「先進的な(!?)民主主義国家」を自認するアメリカによって、我々の生き方までもが「画一化」されているという現状があり、それは「民主主義社会」の根幹の部分がもろくも崩されているのではないかという疑念がぼくにはあった。今日の講演の題材でもある「スローライフ」という考え方は、スピードや効率性ばかりを追い求める考え方から脱却して、ゆっくりと自分の人生をエンジョイしようと考える北イタリアのある地方の人たちから端を発して世界中に広まった考え方である。

しかしながら、大量生産・大量消費型の「スピードライフ」が「画一的」だといっても、逆の「スピードライフ」ではダメなんだという考え方では、やはり「画一的」になってしまう。立場が変わっただけで、行なっていることは、「スピードライフ」と全く同じになってしまう。

新たに「スローライフ」を提案するのは、効率化・画一化された生き方ではなく、個々の価値観や生き方の多様性を認めていこうというものである。したがって、「スピード」をつけて生活してもよい場面とそうではない場面、あるいは「スロー」に生活していい場面と悪い場面とを吟味した生活をしていかなければ意味がない。

例えば、「スピード」をあげてもよい例として、「プロスポーツ」がある。1秒よりも早い方がいいにこしたことはない世界である。逆に、スローではいけない場面もある。中国政府のSARS対策はその典型である。SARSの存在を隠蔽していたために現在では世界的にも大きな影響を与えるまでになっている。他にもいろいろな場面においていろんな生き方があると思うのだ。「スピード」を付けて生活していかなければならない場面と「スロー」でのんびり生活してもよいところ、というところなど、「スピードライフ」と「スローライフ」とが共存し、それを使い分けていく生き方が望ましいのではないかと思うのである。

確かに、「緩急自在」な生き方をしようという考え方は、特段、目新しいものであるとはいえない。しかし、「効率性」「合理性」をあまりに社会の中心で重んじているという事実もまた確かなのであって、一方に偏った生き方をしようとしているところに、対極の生き方・概念を示しておくことで、一種のバランスを取っていけるようにしていけばよいのである。

講演全体の感想としては、社会全体を考えた時に、「スローライフ」だけではなく、「スピードライフ」の有り様も含めた、「マイライフ」の有り様をじっくり考えることは重要であるという認識は理解できたし、その意見については同調したいと思う。緩急自在に、「スピード」をあげるべきところは「スピード」をあげ、落としてもよいところは「スロー」にする、メリハリのあるライフスタイルを目指していければと思う次第である。

NEWS23 Homepage --> [URL] http://www.tbs.co.jp/news23/
Slownet スローネットでスローライフを! Homepage --> [URL] http://www.slownet.ne.jp
筑紫哲也岐阜講演会についてのレポート --> [URL] http://www.slownet.ne.jp/members/slowlife/int/200305index.asp

[トップページに戻る]