スペイン旅行記第1弾
エル・ソル・イ・ラ・ルナ

- 太陽と月の世界に降り立って -

Produced by Kashiroman

Written by Kashiroman
Supported by Mitsukiyo Ohno & Kiyohiko Kuroda


プロローグ


虎雄はいつものようにスペインのニュースを南山大学の情報センターのパソコンでチェックしていた。

「またETA関連の事件が起きたのかよ!!」

ETAのニュースがまた流れた。ETAとは"Euskadi Ta Askatasuna"というバスク語の省略で、日本語で訳せば「バスクの自由と祖国」といった感じになるのだろう。ETAは、スペインのあるイベリア半島に侵入してきた様々な民族や政治勢力(例えばローマ帝国やイスラム)の進入を防いできたバスク地方で誕生した組織である。ETAは「バスク民族解放のために武装闘争も含めたあらゆる手段を用いて目標を達成するために結成された非宗教組織である」と宣言しているが、平たく言えば「テロ」を行ってでもバスク地方の文化やアイデンティティを守っていこうという組織である。確かに、マドリーなどの都会からの人の流入により、「スペイン」の文化と同化し、それによってバスクのアイデンティティ喪失に対する危機感が生まれ、バスクの文化や言語の保護や自治権を求める「バスクナショナリズム運動」が開始されたという歴史(経緯)があり、「地域色」を守るという、ある種の「ナショナリズム」が芽生えることは決しておかしな話ではない。さらに、バスクに対する中央政府からの弾圧もあり、その反動でETAのような過激な組織が誕生してしまう土壌ができてしまうのもそれなりには理解はできる。「暴力が暴力を生んでいる」典型例なのかもしれない、ひじょうに悲しい状況である。中央政府からされたことをまたやり返したところで犠牲者をまた生むだけなのだ。スペインのとある世論調査によると、スペイン人が一番不安に思っていることは何かというアンケートを実施すると、必ず上位に上がってくるのが「ETAを含んだテロ犯罪」なのだという。「バスクナショナリズム」を伝えたいというのであれば、言論できちんとした場所で訴えるべきであろう。やはり「暴力による紛争解決」というのは悲惨な結果しか生まないのである。

言語分布地図
[スペイン国内言語分布図]

スペインにはバスク以外にも多くの個性的な場所が存在する。例えば1992年にオリンピックが行なわれたバルセローナ。そこではこんな事件が起こっていた。

  1. オリンピックではおなじみの「表彰式」の時に、カタルーニャ地方出身の選手が金メダルを取ったとき、「カタルーニャ自治州歌」及び「カタルーニャ旗」を掲げさせてほしいと懇願したという話。 (結局「却下」された)
  2. 開会式などの場内アナウンスは、「カタルーニャ語」「スペイン語」「フランス語」「英語」の順番に流れていたのと同時に、各国のプラカード (国旗を持った「旗手」の前に「国名」を掲げて行進している人が持っているもの)にも、「カタルーニャ語」「スペイン語」「フランス語」「英語」で書かれたものを持っていた。

バルセローナはスペインの東部に位置するカタルーニャ地方の中心都市である。この地方では、「カタルーニャ語」という「スペイン語」とは異なった言語が話されている。バスクのような暴力で独立を訴えるというほどの過激性はないものの、やはりスペインから独立したいと思っている人が存在する地方である。

スペインは「闘牛」とか「フラメンコ」を連想する人が多いが、これは一地方の文化に過ぎない。バスク地方やカタルーニャ地方にはそれぞれ固有の文化や言語が存在する。

挨拶の比較 
バスク語
カスティーリャ語
(スペイン語)
カタルーニャ語
フランス語
英語
Egun on.
Buenos días.
Bon dia.
Bonjour.
Good morning.
Arratsalde on.
Buenas tardes.
Bona tarda.
Bonjour.
Good afternoon. 
Gau on.
Buenas noches.
Bona nit.
Bonsoir.
Good evening.

虎雄たちが所属し、ゼミ形式で行われる南山大学法学部のスペイン語の外書購読の授業は、スペイン語を読みながら、スペインを取り巻く文化や法律について学習している。そんな彼らがこれからスペインを直接訪問し、直接スペインの文化に触れる機会を設けようとしていたのであった。


目次


  1. スペイン研修旅行前
  2. スペイン研修旅行 [第1日目]
  3. スペイン研修旅行 [第2日目]
  4. スペイン研修旅行 [第3日目]
  5. スペイン研修旅行 [第4-5日目]
  6. スペイン研修旅行から帰国

次のページへ