ALONSO & HAMLET
- スペイン旅行記 -

Produced by KASHIROMAN.COM
Written by Novia Amethyst & Kashiroman


2009年1月9日から16日にかけて、我輩は新婚旅行でスペインのマドリードとバルセロナを訪れた。街中の小さな小さな国際交流が楽しめた他、スペインの様々な面白い文化に触れることができた。ちょっぴり変わったスペイン旅行記をお楽しみください。


目次











スペイン入国編
(2009.01.09)
新婚旅行の旅先は、ズバリ!!スペイン。筆者にとっては3回目のスペインだが、エスポサにとっては初の海外旅行。楽しみにしながらスペインに向かったが、待ち構えていたのは欧州における大寒波だった。
マドリード編 (1)
(2009.01.10)
大寒波はマドリードにも来襲!!前日はマドリードの交通がマヒしてしまい、大混乱だったようだ。しかし、この日は寒かったものの、天気には恵まれ、珍しい雪景色のマドリードの街を楽しんだ。
マドリード編 (2)
(2009.01.10)
昼からはマヨール通りを散策しながらマドリードの街並みをのんびり過ごした。夜はスポーツ観戦...。スペインの人気スポーツといえば...。
トレド編
(2009.01.11)
落ち着いた雰囲気漂う日曜日に出かけたのがスペインの古都トレド。初めて乗るAVEでマドリードからトレドに向かいました。街中での小さな国際交流を楽しんだ。
マドリード編 (3)
(2009.01.11)
筆者は法律学の勉強からスペインという国と出会った。筆者の人生を変えたとも言えるスペイン人弁護士、サルバドールさんとの会談。マドリードの郷土料理の「コシーダ」を囲んで、熱い法律トークを楽しんだ。
バルセロナ編 (1)
(2009.01.12)
AVEを使ってマドリードからバルセロナへ移動。日本とは違った車両での楽しい電車旅であった。
バルセロナ編 (2)
(2009.01.12)
バルセロナに着いてから向かったのは、バルセロナを代表するスポーツクラブのFCバルセロナのホーム、カンプノウ。スタジアムツアーに参加し、買物を楽しんだ。
バルセロナ編 (3)
(2009.01.12-13)
翌日はガウディ芸術を堪能することに...。バルセロナの様々な方角から見るサグラダファミリアはもちろん、カサ・パドリョなどを見て楽しんだ。
バルセロナ編 (4)
(2009.01.13-14)
カタルーニャの文化はバルセロナの街中の至るところで見ることができた。街歩きをした雑感をちょっぴり...。
バルセロナ編 (5)
(2009.01.14)
ツーリストバスに乗ってバルセロナを堪能...。オリンピックスタジアムにミロにピカソ...。20世紀のカタルーニャを満喫した。
バルセロナ編 (6)
(2009.01.14-15)
スペイン最後の夜は再びカンプノウ!!生まれて初めての海外サッカー観戦。カンプノウの雰囲気はやっぱりすごかった!!
帰国編
(2009.01.15-16)
帰国時に、筆者の旅に対する思いを改めて考えてみた。

Produced by Kashiroman

Written & Photo by Novia Amethyst & Kashiroman at KASHIROMAN.COM OFFICE
Edited by Kashiroman at KASHIROMAN.COM STUDIO North

Special thanks to Air France, Asociación de Clubs de Baloncesto, ECC, FC Barcelona, Florida Norte, google inc., Gyosei Corporation, Japan Airline, JC, Museo Nacional del Prado, Nanzan University, NEC Corporation, Real Federación Española de Fútbol, Real Madrid, Red Nacional de los Ferrocarriles Españoles, Softbank Mobile, spainnews.com

Kiyohiko Kuroda, Rica Sakurai, Salvador Rodríguez Artacho, Tsuyako Kanetake

Turismo en Comunidad de Madrid (Japanese Version)

and all of our friends & Fans

Published by KASHIROMAN.COM


[Kashiromanの過去のスペイン旅行記]

  1. Kashiroman著「エル・ソル・イ・ラ・ルナ」
  2. Kashiroman著「510」

[トップページに戻る]