山本雅人著「天皇陛下の全仕事」(講談社現代新書) (新書) を読んで

山本雅人さんの書かれた「天皇陛下の全仕事」という本を読みました。

まずは出版社が公開している本の内容の紹介を引用します。

スポンサーリンク

天皇陛下はどんな日常生活を送られているのか?
国事行為、宮中祭祀、宮中晩餐会、地方訪問、稲作など知られざる毎日を、元宮内記者がやさしく解説。 この一冊で皇室記事が10倍面白くなる!

そして、本の目次は次の通りです。

1 信任状捧呈式
2 天皇の住まい
3 皇室の構成
4 「天皇の仕事」の内訳――どのような仕事をどのように
5 「公的行為」とは何か
6 執務――書類の決裁
7 皇室祭祀(宮内祭祀)はどのように行われるか
8 皇居・宮殿での儀式・行事
9 国際親善の仕事
10 宮内晩餐会
11 外国訪問
12 地方訪問
13 福祉施設訪問と被災地お見舞い
14 追悼と慰霊の旅
15 国会開会式と戦没者追悼式
16 拝謁と会釈
17 さまざまな儀式・行事
18 式典出席や文化の振興
19 進講と内奏
20 伝統文化の継承――稲作と和歌
21 展覧会、コンサート、スポーツ観戦
22 静養と研究
23 スケジュールはどのように決まるのか

一般人が「天皇陛下」や「皇族」のことを知るには、週刊誌やワイドショーであったりすることがほとんどだと思います。それに、ちょっとニュースを見る人であれば、内閣総理大臣が代わったときの認証式の映像や国会の開会式のニュースで、天皇陛下をはじめとする皇族はこんな仕事をされているんだと知ることが多いと思います。

「天皇」について知っている知識としてよく知られているのが、中学校や高校の社会科や公民の授業で、「天皇の権能」は「国事行為」のみで、その行為すら内閣の助言と承認を必要とするといったことを習ったと思います(「助言」と「承認」が空欄になっていて、「適切な語句を入れなさい。」なんていう問題が出題されました!!)が、じゃぁ国会の召集は書いてあっても、なぜ天皇陛下は憲法にも書いていない「国会の開会式に出席」したり、国体などの行事に出席されたり、大相撲を観覧される(天覧相撲)のか?といったことを疑問に思われる方も多いと思います。その疑問の回答がこの本に平易な言葉で書いてあります。

大学の法学部を出られた方や教職講座などで「憲法」を学ばれた方であれば、通説的には「三行為説」を採るんだということを学習されると思いますが、基本的に「三行為説」に則って記述は進んでいっているようです。法学者の中には、天皇制度自体、民主政治とは相反する制度なので、天皇権能をより制限的に解釈しなければならないということを徹底して、憲法に書かれた国事行為以外の公的な行事の参加はすべきでないという立場を採られる方もいらっしゃいますが、この本ではそういう立場は採っていないようです。本書の通り、ボクも国民体育大会での「お言葉」や毎年8月15日の戦没者慰霊の行事に参加されたりすることは「日本国の象徴」としてのご立場であるがゆえに行っている行為とも言えますので、「国事行為」ではないんだけれども、かと言って「私的行為」とも言えない「公的行為」というのは憲法の趣旨に反するものではないと思います。

法律的な難しい議論はここまでにして、天皇陛下は「国事行為」以外にも、日本国民の平和を祈る行事を皇居内で行っていることを知っている人は意外にも少ないと思います。ボクは大学時代に、教養科目で大日本国憲法下における天皇制と日本国憲法下における天皇制の権能の差異について研究する授業に出席したことがあったので、「政(まつりごと)」と「(宗教的な)祭り」とは密接なものであったことを講義で聞きましたが、今でもそれが天皇の仕事として脈々と受け継がれていることがこの本を通して分かります。

その具体的な内容についてこの本に譲りますが、天皇陛下が我輩たち国民のことを一生懸命考えて皇室行事に望まれていることを考えると、尊敬の念が出てきます。先ごろ、天皇陛下が体調を崩されて入院されたというニュースをやっていましたが、天皇という公務は相当にハードです。お体を大切にしていただきたいです。

スポンサーリンク


暇つぶしで買った本でしたが、大学で学んだ「天皇」についての知識を呼び起こしてくれた本です。なかなかの良書だと思います。

スペイン法入門講義

加代昌広研究所は、日本の制度に多く言及しながらスペイン法の基本を日本語で学べる稀有なコンテンツ「スペイン法入門講座」を提供しています。

このようなことが分かります!

  • 日本の天皇の皇位継承とスペインの国王の王位継承とはどのように違うか?

  • 日本とスペインの首班指名のプロセスにはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 日本とスペインとで憲法に違反した法令や条約の審査の方法にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 日本とスペインとで地方自治制度にはどのような違いがあるのでしょうか?


ぜひ一度ご覧ください。