施光恒「英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる」 (集英社新書)の読後感

いま、多くの英語の教員や雑誌等でも大きな注目を浴びている「英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる」という書籍を読んでみた。

「自国語の力」が人類の文明を発展させてきたという事実を日本の事例はもちろん世界史の様々な事例を踏まえながら説明した後、現在の日本の英語教育政策が危うい方向に向かっていると筆者は警鐘を鳴らしている。

スポンサーリンク

漱石、諭吉もあきれた明治の英語公用語化論の再来。
英語化政策で自ら「植民地」に!

英語化を進める大学に巨額の補助金を与える教育改革から、英語を公用語とする英語特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、それはまやかしだ。

社会の第一線が英語化されれば、知的な活動を日本語で行ってきた中間層は没落し、格差が固定化。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が発展するという現代政治学の最前線の分析と逆行する道を歩むことになるのだ。「愚民化」を強いられた国民はグローバル資本に仕える奴隷と化すのか。気鋭の政治学者が英語化政策の虚妄を撃つ!

<目次>
はじめに 英語化は誰も望まない未来を連れてくる
第一章 日本を覆う「英語化」政策
第二章 グローバル化・英語化は歴史の必然なのか
第三章 「翻訳」と「土着化」がつくった近代日本
第四章 グローバル化・英語化は民主的なのか
第五章 英語偏重教育の黒幕、新自由主義者たちの思惑
第六章 英語化が破壊する日本の良さと強み
第七章 今後の日本の国づくりと世界秩序構想
おわりに 「エリートの反逆」の時代に

人間が思考をするときには「母語」がしっかりとしていなければならない。西欧においては、「聖書」は教会のもので特権階級のみがそれを読むことができたのだが、ルターやカルヴァンによる「宗教改革」により「聖書」が土着語であったドイツ語やフランス語等各国語に翻訳されたことで「聖書」は身近なものとなり、やがてヨーロッパ中を席捲した「市民革命」やアメリカ独立に向けて動き出す一歩となったということは中学校で歴史を学んでいれば誰もが学ぶところである。普段は話すことのないラテン語から身近な言葉に翻訳されることで自分の頭で考えるようになったわけである。

さらに言えば、小生の専門分野であるスペインにおいても12世紀ルネサンスという動きがあり、先進的であった技術や思想についてアラビア語で書かれたものがラテン語に翻訳され、欧州諸国にそれが広まり、ヨーロッパの発展の礎になったという歴史事実もある(詳細はスペイン法入門講義第2回を参照)。

また、日本が近代化に成功したのは、江戸時代からあった寺子屋によって文字を教わり世界的にも識字率が高かっただけでなく、欧州から新しいいろんなモノが日本に入ってきた時に、ドイツ語やフランス語を漢語などから巧みに新しい日本語を作って翻訳し、一般の日本国民にも高いレベルでの教育が施されたからであると言われてきた。

スポンサーリンク

ところが昨今の英語教育の政策はこれとは真逆の方向に舵を切っている。高校以上の英語の授業は文法の講義を除いて「オールイングリッシュ」で行おうとしているし、「思考」を必要としている数学や科学の授業まで「英語で」やろうという動きもある。これでは、先に示したような土着の言語に翻訳したおかげで一般国民にも高いレベルでの教育を施されてきたという「社会」の大転換(もちろんよくない意味で!!)が図られることになってしまう。要するに日本語という土着語を敢えて非日常語の英語に逆翻訳をするようなものである。これは先に述べた文明の進歩とは真逆の方向である。社会がこのような変化をすると、難しい概念を考えるのに負荷がかかり一般市民が世界の一流の知識に触れられなくなる問題が生じる。また、英語の出来不出来が「格差」を生み、外国語ができなくても思考力があるという人間を弾いてしまう不幸な状況が生まれてしまうのである。

「国際化」と呼ばれる世界の中に否応なしに我々も巻き込まれており「英語」の重要性は日に日に増しているという現状も理解できなくはないが、「思考の基盤は母語」でありそれが社会を形成するのだという点で、安易な英語化教育については警鐘を鳴らしている。母語の基礎がある程度できた後に外国語を学習してここで初めて原語に触れる楽しさを味わっても決して遅くはないと考える。

本書を通して、マクロ的な視点から改めて外国語学習のあり方について熟考すべきであろうと小生は考える。

また、この書籍の筆者である施光恒氏がネット空間においてこの話題について数多くお話されている。ネット動画なども利用して、英語教育について真剣に考えてみたいものである。

スポンサーリンク


「第78回神谷宗幣が訊く!ゲスト: 施光恒氏」ネット番組CGS (Channel Grand Strategy)

Follow me!

スペイン法入門講義

加代昌広研究所は、日本の制度に多く言及しながらスペイン法の基本を日本語で学べる稀有なコンテンツ「スペイン法入門講座」を提供しています。

このようなことが分かります!

  • 日本の天皇の皇位継承とスペインの国王の王位継承とはどのように違うか?

  • 日本とスペインの首班指名のプロセスにはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 日本とスペインとで憲法に違反した法令や条約の審査の方法にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 日本とスペインとで地方自治制度にはどのような違いがあるのでしょうか?


ぜひ一度ご覧ください。