23-Fから30年が経った

日本スペイン法研究会の加藤信吾先生のツイートを見て、「そういえば…。」と気づいた!

本日は、スペインの民主化に大きな影響を与えたと言われる「23-F事件」から30年が経過する。

スポンサーリンク

事件の顛末については、拙稿「スペイン法入門講義」の第8講でも叙述したとおりですが(Wikipediaの方が詳しいようである)、現行スペイン憲法が1978年に制定され、スペインが民主化の道を着実に歩んでいる最中で勃発した軍事クーデターであり、それを国王が深夜にテレビで軍事クーデターを止めるようメッセージを投げかけたことにより、未遂に終わらせたというあの事件です。

この国王が自ら国内の民主主義を希求しそのために実行したという事件は、スペインの民主化の動きを確固たるものとして国内外に印象付けたできごとでした。この事件に関して、黒幕説があるといった説も言われているようですが、事実は事実ということである。

上のYoutubeでは、その様子が見事に編集されてアップデートされています。下院議事堂で事件の首謀者が天井に向かって発砲するシーンも見られます。言論の府である国会の中に武器を持った軍人がやってきて、発言者席で発砲するシーンを動画で初めて見た時は大変ショックでした。

スペインの議会君主制を揺るがす大事件でしたが、30年も経過すれば事件のことすら知らない若者も出てくるでしょう。ボクも生まれてはいたけれどもリアルタイムで知ることのできる年代ではありませんが、歴史を学び、今あるありがたみを感じて生活することは実に大切なことであると思います。

動画をありがたく閲覧し、憲法体制における「議会君主制」を考える素材として十分すぎる事件であると言えます。拙稿「スペイン法入門講義」の第8講などをご覧になっていただいて、その歴史的意義などを考えたいものです。

スポンサーリンク


Follow me!

スペイン法入門講義

加代昌広研究所は、日本の制度に多く言及しながらスペイン法の基本を日本語で学べる稀有なコンテンツ「スペイン法入門講座」を提供しています。

このようなことが分かります!

  • 日本の天皇の皇位継承とスペインの国王の王位継承とはどのように違うか?

  • 日本とスペインの首班指名のプロセスにはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 日本とスペインとで憲法に違反した法令や条約の審査の方法にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 日本とスペインとで地方自治制度にはどのような違いがあるのでしょうか?


ぜひ一度ご覧ください。